【2019新卒求人情報】創業240年盛岡の老舗酒蔵菊の司酒造
【2019新卒求人情報】創業240年盛岡の老舗酒蔵菊の司酒造

2018.03.1

【2019新卒求人情報】創業240年盛岡の老舗酒蔵菊の司酒造

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

求人票訂正のお詫び【3/14】

求人票内「会社説明会」の日程の表記に誤りがございました。

×→3月22日・30日

○→3月27日・30日

大変申し訳ございませんでした。

応募フォームは正しい日付で承っております。

 

菊の司酒造は酒造創業1772年、岩手県盛岡市の城下町に蔵を構える県内最古の造り酒屋です。市民憩いの清流「中津川(なかつがわ)」のほとりで、またその伏流水を仕込み水としておよそ240年余りお酒造りを磨き続けてまいりました。この度、今後の新時代を担う仲間を募集いたします。

菊の司酒造が大切にしていること

新卒2018a

和をもって酒造りの心とする。

この“和(わ)”という言葉にはたくさんの意味が込められています。

ひとつめは、日本。「和食」や「和酒」「和風」というように、日本固有の文化や慣習に「和」という漢字はよく使われます。古くは弥生時代までさかのぼり、「口かみの酒」が起源とされる日本酒は、わたしたちのご先祖様が愛し、受け継がれてきたものです。この伝統を担っていくことは責任が伴いますが、それ以上に誇るべきやりがいのあるお仕事です。古いものに囚われず、流行に流されない「日本の酒」を醸したいと日頃から願っています。

ふたつめは、感謝。「調和」や「平和」「協和」など、穏やかでバランスのとれた「和」は酒、人、空気すべてに大切なものです。日本酒に含まれる味覚成分は世界のお酒の中で最も多く、ワインの倍であるともいわれています。主張の過ぎない穏やかな丸みのある良いお酒は、決してひとりでは造ることはできません。酒蔵ではたらく人々がお互いに感謝し協力し合ってこそ、調和したすばらしい日本酒ができあがるのです。

みっつめは、情熱。お客さまにお召し上がるその瞬間まで、一杯のお酒にはたくさんの人々が想いを込めて携わっています。米をつくる農家さん、お酒をつくる蔵人たち、ビンやラベルをつくってくれる業者さん、お酒を運ぶ人たち、お酒を売ってくれる人たち、そして、お酒を待っていてくれるお客さま。そんな情熱が一滴一滴ビンに詰まっていって、とてつもなく大きなかたまりになったとき「おいしさ」になると考えています。

 

菊の司酒造の理念

わたしたちの基本方針。

わが社は優れた清酒を造り、できるだけ多くの人々に喜んで飲んで戴くことに最善の努力を尽くす。そして、わが社とわが社に結ばれる人々に、より良い繁栄を実らせる。

この理念には、商売の神様である近江商人の「三方よし」の精神が色濃く含まれています。わたしたちはおいしいお酒を造り、またひとりでも多くの方に召し上がっていただきたい。そのためには努力を惜しみません。そしてわたしたちが目指す商売の姿とは、売り手・買い手・世間が幸せを享受できる三方よしの商いです。

不毛な価格競争やテクニックに頼った販売戦略ではなく、わたしたちが造るお酒や経営活動によって、そこにかかわる人々に繁栄をもたらす企業でありたいと考えています。

 

こんな仲間を探しています

菊の司酒造はお客さまに支えられ、酒造創業1772年からおよそ250年もの間お酒造りを続けてくることができました。しかし伝統を守るだけでは、きっと日本酒を後世に遺すことはできないでしょう。伝統産業である日本酒にこそ、前向きで柔軟な進化がいつの時代も求められているのです。

日本酒が好き、岩手が好きな人はもちろん、これから好きになれそうな人も歓迎します。そして、ひとつのことにしっかりと向き合える人。日本酒の世界はとても広いものです。名を馳せる有名な職人さんでも「酒造りは一生一年生」というほどに底知れない奥深さをもっています。探究心と向上心をもった元気な仲間を募集します。学歴、経験は不問です。

 

募集職種① 菊の司酒造の屋台骨【商品部】

16142835_978952915574026_5680813751328694647_n

知識はあるほど有利ですが、特別な資格や学歴は必要ありません。菊の司酒造のお酒造りは10~3月の寒造りですが、その期間にお酒造りを体験できる内定後有給インターンシップを設定しています。もちろん入社後にも講本を利用した先輩社員による読み合わせ研修、小規模な試験醸造、南部杜氏協会の夏季研修等を通してお酒のいろはを学んでいただきますのでご安心ください。日本酒の造り手を募集します。

業務内容は清酒・焼酎の醸造、お酒の貯蔵管理、瓶詰や商品化業務に渡ります。まさに、酒蔵の屋台骨としてお酒造りからお客様へ出荷するその時までを支える、菊の司酒造の心臓です。

バナーa

募集職種③ 酒蔵を陰から支える一本柱【総務部】

 cc2c1ca50c90d2fca58f2f2f9c306f75_l

酒税を正確に納めることは、酒蔵の大切な使命です。

総務部では、毎日の在庫の動きをチェックし酒税を正しく申告する税務、現金の出納を管理する経理、棚卸しや伝票を起こす庶務、県外に商品を届ける発送などのお仕事があります。

また、窓口として会社の印象を大きく左右する大変重要な部署です。堅実に、裏方から商品部や営業部をサポートしていただけるスタッフを探しています。

バナーa

採用までの流れ

2019r

①3月27日(火)10:00~12:00 ②3月30日(金)14:00~16:00 の全2回、本社にて会社説明会を実施いたします。当社にエントリーを希望する方はいずれかの日程で必ずご参加ください。参加を希望する方は下記のフォームに必要事項を記入して送信してください。また、当日はエントリーシートをご持参ください。

バナーc

バナーb

2019r2

ご提出いただいたエントリーシート選考の後、1次面接を実施いたします。4月25日(水)14:00~15:00に行います。

2019r3 2019r4

1次面接に合格された方のみ、筆記試験と2次面接を実施いたします。日程は5月内で個別に調整させていただきます。

2019r6

お問い合わせ

キクツカ新酒マツリ2017toiawase

採用に関するお問い合わせは、菊の司酒造株式会社 電話 019-624-1311(平日9:00~17:00)またはメール info@kikunotsukasa.jp 担当:平井佑樹までお気軽にご連絡ください。

既卒・社会人の方へ

こちらの求人情報は【2019年3月新卒者】向けの内容です。

菊の司酒造では随時中途採用を募集いたしますのでご希望の方は菊の司酒造株式会社 電話 019-624-1311(平日9:00~17:00)またはメール info@kikunotsukasa.jp までご連絡ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

【2019新卒求人情報】創業240年盛岡の老舗酒蔵菊の司酒造
【INFO】菊の司酒造|kikunotsukasa

お得なお知らせをお届けします。
■facebook
■Instagram
■Twitter

← 一覧へもどる