もりおか冬の純米おりがらみ生!季楽シリーズ「純米新酒 美雪」
もりおか冬の純米おりがらみ生!季楽シリーズ「純米新酒 美雪」

2018.12.11

もりおか冬の純米おりがらみ生!季楽シリーズ「純米新酒 美雪」

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

まいど!ゆーきです。

冬の寒さがますます厳しくなるにつれて、お酒造りもどんどん本格的になってきました。

日本酒の仕込みは基本的に冬の寒い時期に行います。麹菌や酵母などの微生物のはたらきによって醸す日本酒にとって、腐造性の乳酸菌や納豆菌、雑菌などは天敵。それらのはたらきを寒さで抑制しながら、健全に発酵を進めていくためです。「寒造り」といって、昔からの知恵ですね。

ということは、この時期には各蔵が一斉にお酒造りを始めて、一斉にしぼりたての新酒ができあがる時期、ということです。ウズウズしてたまらない日本酒ファンの方も多いことでしょう。

菊の司酒造からも新酒が続々登場していますが、今回は人気の季節純米シリーズ「季楽(きらく)」から「純米新酒 美雪(みゆき)」のご紹介です。

盛岡の冬景色!ぴちぴちのおりがらみ生「純米新酒 美雪」ちゃんです

「純米新酒 美雪(みゆき)」は、当蔵の季節商品シリーズ「季楽(きらく)」の冬季限定酒です。

実は、今年の仕込みから季楽シリーズをちょっとだけリニューアルして仕込んでいます。いわゆる酒米ではなく「ひとめぼれ」など飯米を使用し、今まで通り旨みたっぷりに醸しつつ、吟醸酵母をブレンドすることで余計な甘味を引き締め、香りをちょっぴり立たせてみました。可愛らしいラベルにぴったりな、やわらかい味わいに仕上がっています。

a1c18b1d00c2243b5e6cb3b2d90d675b_m

美雪ちゃんのチャームポイントは、さらりとしたおりがらみ。粉雪のように舞うにごりが、良いアクセントになっています。アルコール分15度でそのまま生原酒でビン詰めしました。

フルーティな香りと甘酸で楽しむ旬の酒

洋ナシのようなフルーティな香りは新酒の今ならでは。また、季楽シリーズは菊の司らしい酸も特長。この程よい酸が旬のお食事をより引き立ててくれるのです。

c83dcc9299ec63fcde16b5abcaf1d049_m

たとえば、お鍋なんかいかがでしょうか??最近はお鍋のスープもバリエーションが豊かになってきて、水炊き風やチゲ、ちゃんこ、トマト風味なんていうのも目にするようになりました。お酒の酸味は、このような幅広い食事にもぴったり合わせることができます。魚介ならタラやカレイなどの白身のお魚、お肉なら鶏肉が好相性です。

季節を楽しむ純米酒「季楽」シリーズとは

「季楽(きらく)」は、菊の司酒造の季節商品シリーズです。

kiraku

「山田錦」や「美山錦」などの酒米ではなく、「ひとめぼれ」などの飯米を使用しています。季楽のお酒は全て同じ飯米で仕込み、同じ酵母で醸した、旨みたっぷりな純米4姉妹。同じお米、同じ酵母で造られているのに、全く違う表情を持つ四季の味わいをお楽しみいただけます。

【冬季限定】菊の司 季楽 純米新酒 美雪(みゆき)

miyuki2019

【春季限定】菊の司 季楽 純米霞酒 桜(さくら)

sakura2019

【夏季限定】菊の司 季楽 純米爽酒 ひまわり

himawari2019

【秋季限定】菊の司 季楽 純米原酒 茜(あかね)

akane2019

ぜひ日本の色彩豊かな旬の味と合わせてお楽しみください。

 

吟醸酒の仕込みもはじまり、蔵の中にはフルーティな香りとピリリとした緊張感が漂っています。

ぜひ平成最後の菊の司酒造のお酒を、どうぞよろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

もりおか冬の純米おりがらみ生!季楽シリーズ「純米新酒 美雪」
平井佑樹 HIRAI YUKI

岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。
地元盛岡で生まれ育ち、明治大学を卒業後ブーメランで蔵入り。
日本酒「菊の司」「七福神」の他にオリジナル「平井六右衛門」を醸してます。
1991年10月12日生まれ。たまの休日はデジイチさんぽ。
■Twitter
■Facebook

← 一覧へもどる