市民協奏の大絵巻!盛岡八幡宮秋・山車祭り2016を楽しもう
市民協奏の大絵巻!盛岡八幡宮秋・山車祭り2016を楽しもう

2016.08.18

市民協奏の大絵巻!盛岡八幡宮秋・山車祭り2016を楽しもう

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

まいど!ゆーきです。

今年もあの祭りが近づいてきましたね。

そう、盛岡秋祭りこと、「盛岡八幡宮例大祭」です!

市内各地の消防団が華やかに飾り立てた山車(だし)を引き、盛岡の街を練り歩く姿は実に勇壮。昼間から太鼓や音頭があちらこちらで響き、まさに街全体をあげたお祭りです。

今回は、そんな盛岡の山車祭りの楽しみ方をどどんとご紹介します。

 

まずはスケジュールを押さえましょう

2016年の盛岡八幡宮例大祭の日程はこんな感じ。

期間:2016年9/14(水)-9/16(金)※前日9/13は夜宮

【市内巡行】9:00-20:00

【八幡下り】9/14(水)13:00から盛岡八幡宮~八幡町巡行

【大絵巻パレード】9/15(木)18:00から盛岡城跡公園芝生広場~金属工業会館

【流鏑馬】9/16(金)13:00から盛岡八幡宮馬場

盛岡市の無形民俗文化財にも指定されている山車祭りは1709年(宝永6)9月14日、南部藩の街造りが完成したのを祝い、 全町の若衆がそれぞれ趣向をこらした「丁印(ちょうじるし)」を、 八幡宮に奉納して3日間城下目抜き通りを練り歩いたのが始まりと伝えられています。 丁印とは町のシンボルで盛岡城下各町の消防団や自治的組織の標識のようなものです。
すでに各町内では山車づくりや太鼓の練習が始まっています。 期間中は神社周辺の町内に次々と山車が通り、太鼓やおはやしの声で華やいでいます。 主な祭りの日程は、9月14日八幡下り、15日は山車大絵巻パレード。 各町内の山車が勢ぞろいする、祭りの一番の見どころですね。 16日最終日は八幡宮境内で古式ゆかしい流鏑馬(やぶさめ)が行われます。 

 

元気な太鼓、おはやし。そして音頭を鑑賞しよう

市民協奏の大絵巻!盛岡八幡宮秋・山車祭り2016を楽しもう

このお祭りの目玉は、何といってもその華やかな山車パレード。でも、とりあえず置いといて、パレードでは楽しめない山車音頭もぜひ楽しみたいところです。これは、協賛寄付をもらったお店などに対して感謝を込め、山車の演題解説などを取り入れた七・七・七・五の句を「南部木遣」という独特の調子に乗せて謳い上げるというものです。盛岡山車音頭の始まりについては諸説あり、京都の祇園ばやしや江戸の木遣音頭を取り入れ、盛岡独自で作り上げられたとの有力説と、「獅子音頭」から来たものではないかと言う説があります。

「ヤーレコリャノセー!」

の掛け声と共に繰り出されるコブシのきいた音頭はなんとも風流なものです。披露される協賛店舗前の道路にはチョークで目印がうたれています。目印のお店付近で太鼓が聞こえて来たら、山車音頭を楽しめるチャンスかもしれませんよ。

 

通り一線大絵巻に!盛岡山車パレードで大興奮

市民協奏の大絵巻!盛岡八幡宮秋・山車祭り2016を楽しもう

さてさて、14日の八幡下り、15日の大絵巻パレードはゼッタイ見逃せませんよね!今年はどこの分団が出演するのでしょうか。

■出演分団と演目紹介

【は組】 盛岡市仙北町3-15-41
風 流: 一ノ谷鵯越逆落 《いちのたにひよどりごえさかおとし》
見返し: 石割桜 《いしわりざくら》

【一番組】 盛岡市肴町9-31
風 流: 朝比奈三郎 《あさひなさぶろう》
見返し: 花咲爺さん 《はなさかじいさん》

【い組】 盛岡市八幡町1-17
風 流: 暫 《しばらく》
見返し: お小姓弥生 《おこしょうやよい》

【や組】 盛岡市厨川1-9-5
風 流: 鏡獅子 《かがみじし》
見返し: 猩々 《しょうじょう》

【城西組】 盛岡市中屋敷町4-16
風 流: 加藤清正 《かとうきよまさ》
見返し: 曽我五郎 《そがごろう》

【さ組】 盛岡市神子田町1-41
風 流: 菅原伝授手習鑑車引 《すがわらでんじゅてならいかがみくるまびき》
見返し: 南部荷姫様 《なんぶなりひめさま》

【の組】 盛岡市中ノ橋通2-10-15
風 流: 和藤内 《わとうない》
見返し: 江戸の組 《えどのぐみ》

【盛岡観光コンベンション協会】盛岡市中ノ橋通1-1-10
風 流: 鬼若丸 《おにわかまる》
見返し: 静御前 《しずかごぜん》

以上全部で8つです。ひとつの山車で前後2面(風流と見返し)の演目がありますので、2016年は実に16もの山車飾りを楽しむことができます。たくましい太鼓の響き、涼しげな笛、小気味よい鉦、子供たちの掛け声。引き縄の締まる音、車輪の軋み…すべてが欠かせない盛岡秋祭りのハーモニーなのです。なんだかワクワクしてきました。参考動画貼っておきますが、生で見た方が断然迫力が違いますよ。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7551vIlDz-I

 

いかがでしたか?

もちろん、盛岡八幡周辺では屋台の出店もあります。こちらもしっかり楽しみましょう。

みなさん、よい盛岡の秋を。

では。

【参考】

■盛岡市・盛岡観光コンベンション協会

>>>http://www.odette.or.jp/?p=829

■盛岡山車非公式サイト 秋風

>>>http://www.moriokadashi-akikaze.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

市民協奏の大絵巻!盛岡八幡宮秋・山車祭り2016を楽しもう
平井佑樹 HIRAI YUKI

岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。
地元盛岡で生まれ育ち、明治大学を卒業後ブーメランで蔵入り。
日本酒「菊の司」「七福神」の他にオリジナル「平井六右衛門」を醸してます。
1991年10月12日生まれ。たまの休日は少年野球とデジイチさんぽ。
■Twitter
■Facebook

← 一覧へもどる