カラダが泣いて喜ぶマクロビオティック料理。ウサギボタニカ
カラダが泣いて喜ぶマクロビオティック料理。ウサギボタニカ

2020.04.16

カラダが泣いて喜ぶマクロビオティック料理。ウサギボタニカ

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

いわて人のぐるめ

塩分!糖質!脂肪!そして人類の叡智、化学調味料!

そんな今を生きるいわて人が、思わず泣き出すレストランがある。

56480314_2574234069316622_1810390837670969344_n

肴町アーケードへ続く風情ある石畳の路地に、ウサギボタニカはあります。話題のマクロビオティック、自然食を手掛ける。

店主の福士雅巳さんは大阪あべの辻調理師専門学校のフランス校を卒業後、フランス、スイス、東京のレストランで修業し、同店を開業。おなじみテレビ岩手「ごきげんテレビ」のクッキングに月1回出演しており、テレビ越しでお世話になっているいわて人も非常に多いのです。

32073266_1939159122824123_7897005278795661312_n

ちなみにマクロビオティックについてちょっと触れておくと、「マクロビオティック=玄米菜食」のように思われがちですが、ちょっと違うみたいです。

人間も自然の一部であり、住む土地で収穫されたものを季節や環境、体調に合わせて、なるべく自然のまま素材を丸ごと食べることで身体のバランスが取れるという考え方です。食事療法のひとつですが、ライフスタイルといっても良いかもしれません。

マドンナやトム・クルーズが実践していることで有名なマクロビオティックですが、実は日本が発祥です。

日本の伝統的な食べ方に沿って肉や魚、卵、乳製品などの動物性タンパク質や精製された食材はなるべく控え、季節に収穫されたものを余すことなく丸ごと食べるのが特徴。

46520447_2287788664627832_4643938684494675968_n

だから、マクロビオティック料理が「薄味なんでしょ?」とか「ベジタリアン向けなんでしょ?」っていうのは微妙に違います。人間がカラダ一つで生活する世界をイメージして、そこで採れるものを残さず食べるっていうことだと思います。

だから、ウサギボタニカの料理を食べるいわて人の中には、そのあまりの優しさ、慈しみに天井を見上げながら食事をする人もいるわけです。

「カラダが泣いて喜んでいる…」

Botanica-%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%AB-387544634652254/?ref=page_internal” data-tabs=”timeline” data-width=”500″ data-height=”” data-small-header=”false” data-adapt-container-width=”true” data-hide-cover=”false” data-show-facepile=”true”>
USAGI Botanica ウサギボタニカ

【店名】ウサギボタニカ
【所在地】岩手県盛岡市中の橋通1-3-15

【電話番号】019-681-4932
【定休日】火曜日、第一水曜日
【営業時間】昼 11:45~13:30
      夜 18:00~21:00
      ※新型コロナウイルス感染症対策の状況により変更する可能性があります。

 

カラダが喜ぶマクロビ料理をおうちで楽しもう!

ウサギボタニカさんのマクロビオティック料理がテイクアウトできます。

ベジタブルランチボックス 800円(税込)

92387037_3632994700107215_6202881684023541760_n

車麩カツのベーグルサンド 800円(税込)

92260815_3632994610107224_8621144641871282176_n

カラダよろこぶ無添加七菜と玄米ご飯 1,000円(税込)

89043385_3506088502797836_814642312641511424_n

その他、予算に応じてお弁当やオードブルにも対応してくれるそう。

usagibotanica_6

テイクアウトメニューをご利用の際は、お店へ一度お電話してみましょう。食材の状況や準備の都合があり、待つことなくスムーズに受け取るためにもマストです。

シェフズ弁当もチェックです。

TEL_bnr

ぜひ、ご堪能ください。もちろん、お酒も一緒に、ほどほどに。

ちなみに一緒に楽しみたい日本酒は…

よし、日本酒もマクロビだ。

ということは、地元で採れた酒米でなるべく自然的な造りをしているもの「生酛」ですよね。ぴったりなお酒があります。

平井六右衛門 遊山(ゆさん)

hirairokuemon_yusan

岩手県産「ぎんおとめ」という酒米を使用し、自然界の乳酸菌の力を借りて醸した生酛純米酒。芳醇にふくらむ含み香と酸味と共に広がるのびのびとした米の旨味が特徴の純米酒です。

このお酒は冷酒からぬる燗まで幅広くお楽しみいただけます。嫌味のないおだやかな味わいは相性の良いお料理も多彩であり、食卓のお供としてお選びいただければ幸いです。

平井六右衛門 稲波(いなみ)

hirairokuemon_inami

岩手県産「結の香」という酒米を使用し、自然界の乳酸菌の力を借りて醸した生酛純米大吟醸酒。爽やかな上立ち香と果汁の滴る柑橘類を想わせる涼しげな酸味が特徴です。雑味の少ない引き締まった味わいの中にコクの存在感があり、食前から食中にて深い味わい。

このお酒は冷酒、常温、ぬる燗にてお召し上がりください。引き締まった芯のある味わいは、多様な温度帯でお楽しみいただけます。

書きながら思いついたけど、地元産米・無添加生酛・玄米・純米で造ったら真の「マクロビオティック・サケ」だなあ。

飲食店様のテイクアウトメニュー情報を募集しております

岩手には腕の確かなおいしいお料理とお酒を提供する飲食店様が本当にたくさんあります。

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症対策による営業自粛、外食自粛により、かつてない苦境に立たされております。

そんな中、希望を捨てず様々な取組みによってこれを乗り越えようとする飲食店様に何かお手伝いをしたいと考え、微力ながら当社WEBメディアにて発信させていただきたいと考えております。ご賛同いただける飲食店様、またそのお店のファンの皆様にぜひ情報をご提供いただきたく、下記のフォームにご記入の上、情報をお寄せくださいませ。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

form_bnr

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

こちらも要チェックです!

他のスタッフこらむはこちら

questionnaire

カラダが泣いて喜ぶマクロビオティック料理。ウサギボタニカ
いわて人のぐるめ

岩手のおいしい・楽しい飲食店さんをご紹介します!
■飲食店オーナー様へ
貴店の魅力を発信するお手伝いをいたします。掲載料などの費用は一切頂戴しません。
下記のリンクからぜひ情報をお寄せください。
 

← 一覧へもどる