山開きの頃にどうぞ!「純米酒 岩手山」と楽しむ「ナスのたたき」
山開きの頃にどうぞ!「純米酒 岩手山」と楽しむ「ナスのたたき」

2020.07.28

山開きの頃にどうぞ!「純米酒 岩手山」と楽しむ「ナスのたたき」

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

  

tbnr_kurajo_cooking

皆さんこんにちは、ほっけです。

前回の投稿から少々期間が空いてしまいましたが、皆さんはこの間いかがお過ごしだったでしょうか?

季節も変わっていつの間にか夏になっていました。海開きや山開きがそろそろ始まる頃ですね。普通はそういったところに人々は繰り出すのでしょう…。

私はと言いますと、特にどこに繰り出すわけでもなくインドア生活一択でした。

普段からよくネットで動画を見ているのですが、普通の動画では飽き足らずついに有料会員になって映画も家で見始めるように。

映画館で見るのとはまた違って、気になるものを気軽に見られるのが良いところですよね。

それでも映画館で感じるノスタルジーというかエモさというか、特別感が好きだったりするので、見に行き続けます。

↓エモいといえばこんなインスタアカウントがあります。↓

そんなエモーショナルな(?)日常を送っていたある日の事、テレビである料理が紹介されているところを目にしました。

その名も「ナスのたたき」

たたきと言われて多くの方が初めに思いつくのはカツオだと思います。私もそうです。

カツオのたたきと言えば高知県ですが、こちらも高知県で割と一般的に調理されている方法とのこと。

また、レシピを調べていくうちに、ナスにはカリウムが多く含まれているので、つい塩分を取りがちなお酒のアテにも相性ばっちりということが判明

さらにナスニンという眼精疲労に効くとされるポリフェノールの一種も含まれているそうで、本当に体にも嬉しい限りですね。

というわけで今回は美味しそう(だし、簡単そうだし)、と思ってあっさりとテレビに影響され「ナスのたたき」を作ってみた件です。

<材料>
・ナス…1~2本
・好きな薬味(ミョウガ、青ネギ、ショウガなど)…好きなだけ
・ポン酢…適量

1 お湯を沸かし、熱湯になってからナスを丸ごと10分ほど茹でます。

imgほっけ200716_2

2 薬味を敵のように刻んでおきます。

imgほっけ200716_1

3 茹であがったナスを氷水で冷やしておきます。冷蔵庫で10分ほど冷やすとなお良し。

imgほっけ200716_3

4 食べやすく切って、薬味とポン酢をかければ完成!

imgほっけ200716_4

夏ですね。

誰が何と言おうとこれは完全に夏の食べ物ですね。薄目で見ればカツオのたたきにも見えなくもない…ですかね?

見た目に沿ってきっと味もさっぱりしていることでしょう。

となるとほどほどに味もあり、キレが強いタイプのお酒が合うのでは…。でもライトすぎるとちょっと惜しい感じもしたりして…?

ということで召喚しました「純米酒 岩手山」。

imgほっけ200716_5

菊の司 季楽 純米爽酒 ひまわり」も候補にありましたが、キレとライト具合(?)という点では「純米酒 岩手山」が今回は適任かと。

それではやっと実食のお時間です!

実食!!!

こ、これは…!

思ったより美味しいぞ…。

もっと淡泊な味かと思っていましたが、ナスからちゃんと甘みや旨みがじゅわっと染み出てきます。

すばらしい なつ の たべもの だ。

お酒も一緒に飲んでみますと、ナスの旨みとお酒の旨みがどちらも程よくバランスがちょうどいいのでうまく混ざり合っています。

やや酸味が立ちますが、後味のキレにうまく作用していて嫌な酸味にはなっていません。

これは良い相性です!

この嬉しさを表現するならば岩手県で一番高い山、岩手山に登ったかのような晴れやかな気分とでもいいましょうか。文章くどいですかそうですか。

あ、ただミョウガを入れすぎるとその風味に負けてしまってちょっと違うかな?とも感じたので薬味はほどほどにすることをお勧めします。

こんな感じでナスのたたきを堪能したわけですが、ある程度は予想できた味だったかな…という感想もなくはないわけで…。いや、めちゃめちゃ美味しいんですけども。

なので上に乗っける物をちょっと変えてみました。

それがこちら。

imgほっけ200716_6

ナスの上に鎮座しているのは「酒粕ピーナッツ味噌」です。材料を全て混ぜればOKです。※もっとうっすら乗せて大丈夫です。

<材料>
・粉末ピーナッツ…2~30gくらい
・味噌…大さじ1/2
・酒粕…大さじ1
・みりん…小さじ1
・酒…小さじ1
・お酢…少々
・醤油…少々

…とここまでの材料を混ぜたら後はナスに乗せるだけです。

imgほっけ200716_7

乗せる量は自分で味見して調節してみてください。

中々ピーナッツの風味が強く、和製ピーナッツバターみたいな感じと言えばいいのでしょうか。大人っぽい酒粕の風味がふわりと香る、甘じょっぱいソースになっています。

↓酒粕のポテンシャルがわかる記事はこちら↓

 

不思議とチーズのようなクリーミーな味わいもあり、味噌と酒粕の和風なコクがあるのにちょっと洋風っぽさも感じさせるおもしろ美味しいナス料理になりました。

こちらも純米酒岩手山と一緒に飲んでみたところ、特徴であるキレの良さが少々きつく感じてしまいました…。
なので、合わせるのであればもう少しキレの柔らかい飲み口のお酒「純米酒 七福神」などが良いのではないかと思います。

こんな美味しいおつまみを前にしますと岩手山でも何でも、とにかくいい景色を見ながら食べたかった…とか思います。
インドア派が少しアウトドア派に傾きそうです。

私と共に傾きかけたそこのあなた。
当社で最近始まった[蔵前-KURAMAE-]ってご存知ですか?

 

この「蔵前」、一部店舗でしか手に入りにくい生の商品や、なかなか店頭で見かけることが少ないスーパープレミアムな大吟醸の酒粕「黒粕」などなど、直営ならではのラインナップで連日お送りしています。

ずらっと並んだお酒の中から選ぶのは至難の業ですが、もちろんお酒の試飲もできるので、飲んで決めるのもありですね。

…ちなみに今年の8月15日(土)からは、試飲だけでなく立ち飲みもできるんですってよ奥さん!

元からアウトドア派だよという方はすこーし足を伸ばして。逆にこの機会にインドア派の方も少し覗いてみてはいかがでしょうか?

どちらの派閥の方も新しい世界が開けるかも…?

↓外出しないという確固たる意思を持っている方も菊の司のお酒が買えるのはこちら。↓
・菊の司酒造オンラインストア
https://kikunotsukasa.shop-pro.jp/

まあインドアでもアウトドアでも美味しいものを食べて楽しく過ごせるのが何よりも大切ですね。

皆さんも美味しいもの是非作ってみてください!

それではー(^.^)/~~~

参考にさせていただいたサイト・レシピはこちら。

・ナスの栄養と栄養を逃がさないための調理方法【管理栄養士監修】
https://mogwell.karadashift.jp/80037
・なすのたたき(高知県春野町の郷土食)
https://cookpad.com/recipe/4579111
・茹でなすのアーモンドクリームソース
https://cookpad.com/recipe/931746

  

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

questionnaire

山開きの頃にどうぞ!「純米酒 岩手山」と楽しむ「ナスのたたき」
ほっけ

2017年入社。 食べることが好きなので、料理も非常によくできる(ようになる予定)。
連載「ホットケーキしか作らない蔵人女子が○○つくってみた件」では、
女性南部杜氏を目指すわたしがお酒に合う?おつまみ料理にチャレンジしていきます。

← 一覧へもどる