「日本酒とコンビニスイーツ」で蔵前スイーツ女子会しちゃう?!
「日本酒とコンビニスイーツ」で蔵前スイーツ女子会しちゃう?!

2020.09.25

「日本酒とコンビニスイーツ」で蔵前スイーツ女子会しちゃう?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

  

bnr_sweets_sake

こんにちは、saorin.です。

蔵前-KURAMAE-もOPENして1か月。たくさんのお客様に来ていただき、感謝感謝。

店内

個人的には、女性のお客様がお散歩の寄り道で一人ふらっと来てくれるのが、す・ご・くうれしい。もう、どんどん来ちゃってください。

お酒の相棒といったら、おつまみ。店内でも缶詰や柿ピー、大人も子供も大好きな駄菓子なんかも販売していますが、菊の司酒造 蔵前-KURAMAE-は持込みもOKです。自分の好きなお料理など持ち込んで、ペアリングを楽しんでみるのもおもしろポイントですね。もちろん、コンビニスイーツも大歓迎です。

最近は、「#日本酒女子」「#おちょこ女子」なんて、日本酒を飲む女性も増えてきたようですね。ちなみに女性は自宅よりも飲食店などで飲むことの方が多い傾向があるとかなんとか、聞いたことも。

今回は、そんな蔵前-KURAMAE-でお客様が実際に行っていたペアリングの話をご紹介したいと思います。

それでは、第17弾スタート!

この女子会は、ある昼下がりに急に始まった

ある日曜日の蔵前-KURAMAE-当番の日、一人の女性(以下A子さん)がご来店。その女性のバックからは岩手県ではお馴染みMichel (ミッシェル)さんで購入したパンが入ってしました。

A子さん!まずは、高菜の入ったパンや明太チーズピザに辛口系の純米酒や焼酎サワーを合わせました。

もう、この時点でうらやましいですよね。昼にこんな大人な楽しみ方がでいきるなんて。

A子さん!次に出したのは・・・「ん?あれはなんだ?」

バックから取り出したものは・・・・・「カヌレ」

3530393_m

昼下がりに日本酒×カヌレ。

もう、しゃれてるじゃん。蔵前-KURAMAE-が、日本酒カフェに。

カヌレってフランスの伝統的な洋菓子で、外側はカリッと内側はしっとりとしていますよね。もともとはワインの滓(おり)を除去するために卵白を使用していたために、卵黄の大量消費のために考えられたお菓子らしい。

A子さんが合わせた日本酒とは?

A子さんにご注文いただいたのは、「平井六右衛門 稲波(いなみ)」

IMG_0598

このお酒は、雫石産の酒米「結の香」を使った生酛造りのお酒。

このお酒を擬人化すると

「和風美人」

3061862_m

女優さんだと「戸田恵梨香」さん。なんというか、ありのままがいいというか。すっぴんでもかわいい。飾らなくてもきれいという感じでしょうか。

香りはバナナ?桃が完熟したようなジューシーさ。甘さ・酸味のバランスがよく、後味のキレも抜群な辛口系のお酒です。

どうして、お米でできる日本酒がバナナ?なんて香りになってしまうの?と思ったあなたは、このコラムを読んでみてください。読んだ後には、ちょっと日本酒がおもしろくなること間違いなし?!

 

ちなみに「稲波(いなみ)」という名前は、

黄金に輝く稲穂が風に揺れているのをイメージしています。ぜひ、この時期に飲んで欲しい。

156393_m

A子さん!「平井六右衛門 稲波」と「カヌレ」の組み合わせを食べて、一言。

「これ、めっちゃバナナケーキみたいになるよ」

そんなこと言われたら、めちゃめちゃたべたくなるじゃん!!

なんてこった!コンビニにはカヌレが売ってないんだな~

仕事帰りにコンビニをはしごしても、カヌレは売っていなかった。カヌレといえば、外側ザクザクの内側しっとりで。香ばしいバターの風味がして。洋菓子で。焼き菓子で。

似てるもの、似てるもの・・・。頭フル回転させて、考えろ。

「もう、これでいってみよう」

IMG_0600

と、いうことで、今回は「平井六右衛門 稲波」とセブンイレブン「ザクザク食感のベルギーワッフル」の組み合わせを検証してみたいと思います。(かなり強引ですが、気分だけでも)

検証!「平井六右衛門 稲波」とセブンイレブンの「ザクザク食感のベルギーワッフル」を合わせてみた

IMG_0620

アミアミっ。

しっかり焼き目、つけてますね。ザクザクという割に、見た目は砂糖少なめ。

写真を撮っていると、我が家の小さな食いしん坊が遊びにきて。「あ~ん」あ。食べちゃった。

IMG_0621

生地は、密度高めで固い系です。バターと卵感は濃くて、結構ボリューミー。場所によっては砂糖のザクザク感はありますが、個人的にはもっとザクザクが欲しいかも。

では、「平井六右衛門 稲波」と合わせてみます。

おお~と?酸味が浮くね。

カヌレを食べたとに時に感じた「バナナ感」はな・い。バターよりもたまごの濃さはアップ。後味は、今までの組み合わせ史上最大で、かなりのスッキリ。お酒だけで飲んだ時よりも、酸味や苦味、キレをより感じやすくなったかも。組み合わせ度は、ん~悪くはないけど、55点くらい。

あ。いうことは・・・酸味は抑えめの方が合うのかも。

IMG_0623

目の前にあった純米酒七福神と合わせてみます。料理には万能にあうけど、スイーツもいけるのか。

ほろにがカラメル系?あれ?これ、カヌレ?!

酸味のトゲトゲしさは感じず、たまごだけでなくバターも濃厚に。お酒の苦味のおかげか、ほのかにカラメルのようなほろ苦さを感じたり。後味のすっきり感は「平井六右衛門 稲波」の方があり。これは、75点。

検証結果!

「お酒の苦味で、奇跡的にカラメル系スイーツに路線変更しちゃった」

「平井六右衛門 稲波」はお酒だけ飲んだ時より、酸味が浮いてしまってちょっと残念な結果に。Micheleさんのカヌレと合わせた時は、相性抜群だったのに。酸味と苦味を活かせる苺のチョコスイーツと合わせると美味いのかも。

「純米酒 七福神」は、酸味は少なく、「平井六右衛門井 稲波」よりも苦味を感じやすいので、今回の「ザクザク食感ワッフル」にはあったのか。ただ、後味は、もた~っと舌に残る感じはしました。

今回一番感じたのは、お酒を飲んで感じる「酸味」や「キレ」は後味に大きく影響すること。これって、料理との組み合わせを考えるときに生かせるかも。

余談:「平井六右衛門 稲波」のお米を作っている情熱系スーパーマンの話

先ほどご紹介した雫石産の酒米「結の香」を作ってくださっているのが、砂壁純也(しゃっかべ じゅんや)さん。

DSC_0140

以前、専務が書いたコラムがこちら

 

見た目は、まるで「黒熊」さんのようにがっつり日焼けされています(奥様が田んぼで熊と旦那様を見間違えたというエピソードが、おもしろすぎて、忘れられない笑)。

普段は、チャーミングでみなさんの予想以上に陽気なおじ様。昨年度の酒造りでは、いつの間にか隣で洗米の手伝いをしてくれていたというエピソードも。酒米の話となると、熱く・熱く語ってくれます。

農家さんの日々の努力があるからこそ、美味しい日本酒が造れるわけで。今年もしっかりお米のバトンを引き継いでいきます。

第17弾、いかがだったでしょうか。

日本酒とスイーツさえあれば、蔵前-KURAMAE-がいつの間にか日本酒カフェに変身。

2845151_m

初めましての方と女子会ができちゃうなんて。お客様と日本酒のペアリングの話で盛り上がるって、すごく楽しい。日本酒の輪、どんどん広がっていきますように。

当社の今年度の酒造りも始まっていますので、ぜひ酒造りの話も聞いてみてくださいね。

そんな蔵前-KURAMAE-10月1日の日本酒の日に乾杯イベントやっちゃいます。

詳しくはこちらから。

日本酒で乾杯

 

saorin.のインスタグラムも引き続き、よろしくお願いします。

では、また!(^^)!

  

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

questionnaire

「日本酒とコンビニスイーツ」で蔵前スイーツ女子会しちゃう?!
saorin.

酒蔵の嫁かつ1児のママ。結婚前まではまったく日本酒を飲んだことがなかったわたしが、なんと酒造り始めちゃいました。わたしなりにゆるーく、わかりやすく、日本酒の楽しさやおいしさをお伝えできればと思います。
 
■instagram

← 一覧へもどる