今年の平井六右衛門、一緒に飲み比べしませんか??
今年の平井六右衛門、一緒に飲み比べしませんか??

2017.04.7

今年の平井六右衛門、一緒に飲み比べしませんか??

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

まいど!ゆーきです。

4月14日(金)に日本酒専門100種類飲み比べで人気のKURAND SAKE MARKET(クランド・サケ・マーケット)の新宿店さんに、今年蔵に帰ったばかりの弟と一緒にお邪魔します。2017ヴィンテージの純米酒「平井六右衛門」シリーズを一緒に飲み比べしませんか??

 

純米酒「平井六右衛門」とは

 

宴20170222b

メイン銘柄「菊の司」「七福神」とは一線を画したコンセプトでレシピを設計した、限定流通の純米酒です。

2015からスタートした「ぎんおとめ×オールいわて」仕込は岩手県のオリジナル原料にこだわり、酒米「ぎんおとめ」酵母「Iw201(岩手2号泡なし)」種麹「黎明平泉(れいめいひらいずみ)」で醸した処女作。麹の甘味と発酵の酸味をジューシーに感じられる味わいを求め、お酒造りの基本に忠実に、強い糖化と発酵で醸した純米酒です。

平井六右衛門3年目となる今年は、ボディの厚み、味わいの奥深さを表現するために発酵管理を微調整。甘味と酸味のバランスはそのままに、もろみの発酵でアミノ酸を引き出すことで、味わいの幅をもたせました。ジューシーな食中純米酒として、よりお料理に合わせやすくなりました。

平六盛流

そして、今年新たにラインナップに加わった「盛流(せいりゅう)」。地元盛岡市の田んぼにて、無農薬・無肥料で栽培された酒米「五百万石」で香り高く醸した純米酒です。五百万石といえば主に新潟県や富山県、石川県など北陸地方で盛んに栽培されている酒造好適米で、数ある酒米の中でもナンバーワンの作付け量を誇るメジャー品種。北限は福島県とされており、岩手県では酒造用米として実績がありませんでした。

栽培をお願いしている田村和大さんが、6年前に新潟県の農業研究センターで研修した際に持ち帰ったひと握りの種籾。「種継ぎ農家」として商用に品種改良されたF種ではなく、地に根付いた在来種にこだわって農業に取り組んでいる田村さんは、持ち帰った300gの種籾から栽培と採種を繰り返し、6年かけておよそ1440kgの収穫にまで増作。田村農園と野菜の取引きのあった盛岡市に「mine(ミネ)」「glassto(グラスト)」を経営する山本茂直さんのご紹介で、お酒造りに使わせていただくことができました。

地元産の「五百万石」を使用したお酒造りは岩手県でも前例がなく、何もかもが手探りの状態でした。得意先の専門店に出向いては、片っ端から五百万石で醸された他県のお酒を飲みながら、自分の中の「平井六右衛門」として目指すイメージをつくり上げていきました。盛岡の穏やかな涼風を想わせる、フルーティで凛とした香りと穏やかなおいしさをぜひ味わってみてください。

 

全国の地酒100種類以上が時間無制限で飲み比べできる日本酒天国!KURAND SAKE MARKET(クランド・サケ・マーケット)

shop_shinjuku-1

KURAND SAKE MARKETは、若年層をターゲットにしたお酒メディア「NOMOOO(ノモー)」や「KURAND MAGAZINE(クランド・マガジン)」や、数々の先進的な日本酒イベントで注目を集めるリカー・イノベーション㈱が運営する日本酒専門店。全国の蔵元の日本酒が常時100種類以上ストックされ、そのすべてが3,000円で飲み比べし放題のシステムが日本酒ファンだけでなくビギナーや女性にも人気です。おつまみの持ち込みが自由なので、各々仕入れてきたお料理を広げて、毎晩「プチ日本酒パーティ」で盛り上がっています。

定期的に開催されている「蔵元飲み比べの会」は、蔵元が実際に店舗にお邪魔してみなさんと一緒に自慢のお酒を楽しむイベントです。普段ラインナップされていない銘柄も登場する他、蔵元によって仕込水やご当地おつまみなども造り手との会話を楽しみながら堪能することができます。

今回、ぼくがお邪魔させていただく店舗は新宿店さん。「新宿三丁目」駅を出てすぐのビル丸ごとKURANDさんで、SAKE MARKETだけでなくリキュールの「SHUGAR MARKET(シュガー・マーケット)」、焼酎の「HAVESPI(ハベスピ)」も併設。出入自由なので、日本酒×焼酎×リキュールがビル丸ごと楽しめるありえないアルコール天国です。

お持ちするお酒は、

★純米酒 平井六右衛門 火入れ

★純米酒 平井六右衛門 無濾過生原酒

★純米酒 平井六右衛門 活性にごり酒

★純米酒 平井六右衛門 盛流(せいりゅう)

ということで、平井六右衛門シリーズをとことん飲み比べしていただきます。

今年もどっぷりお酒造りに取り組んでKURANDさんも半年ぶりです。みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。

飲み比べイベントは19:00スタートです。席に限りがありますので、ご予約をおすすめします。

■KURAND SAKE MARKET(クランド・サケ・マーケット)新宿店

>>> http://kurand.jp/sakemarket/shinjuku/

もちろん、お店においてあるお酒はすべて飲み比べし放題です。おつまみはいつも通り各自持参ですのでお忘れなく。

では。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

今年の平井六右衛門、一緒に飲み比べしませんか??
平井佑樹 HIRAI YUKI

岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。
地元盛岡で生まれ育ち、明治大学を卒業後ブーメランで蔵入り。
日本酒「菊の司」「七福神」の他にオリジナル「平井六右衛門」を醸してます。
1991年10月12日生まれ。たまの休日は少年野球とデジイチさんぽ。
■Twitter
■Facebook
■Instagram

← 一覧へもどる