弾けるにごり。酵母が活きているからうまい!にごり生原酒菊の司
弾けるにごり。酵母が活きているからうまい!にごり生原酒菊の司

2017.12.2

弾けるにごり。酵母が活きているからうまい!にごり生原酒菊の司

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

まいど!ゆーきです。

寒さの厳しい季節になってきましたね。

うちの蔵もお酒造りがいよいよ本格化して、大吟醸や特別純米酒の仕込みも続々とスタートする中、満を持して新酒の発売です。

ぴちぴちのフレッシュ感が楽しい「にごり生原酒 菊の司」発売!

生酛(きもと)づくりは微生物たちのオーケストラや!!

冬の風物詩、にごり酒。

トロリとした飲み心地と独特の香り、お米の甘さにメロメロなにごり酒ファンの人も多いはず。貯蔵や流通の技術が発達して一年間を通して楽しめる商品も増えてきましたが、しぼりたての季節の味わいはやはり格別。発酵の息遣いがまだお酒にも残っていて、リアリティというか、酒蔵でもろみを眺めているような臨場感すら感じます。

うちのにごり酒といえば「杜の白菊(もりのしらぎく)」を長年ご愛顧いただいておりました。火入れ瓶詰めのアルコール15度のさらりとしたにごり酒で飲食店、家飲みで人気の商品です。さらに季節感や新酒のフレッシュ感をお楽しみいただくため、今年からパワーアップしての発売です。

「にごり生原酒 菊の司(にごりなまげんしゅ きくのつかさ)」とは、「和の酒 菊の司(わのさけ きくのつかさ)」の期間限定版にごり酒です。和の酒は今年の3月のリニューアル発売後、主に地元の飲食店で幅広く提供いただいている、当蔵のド定番酒。辛口ながらもどこかほっこりするような優しい飲み心地が特長で、インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017でもメダルを獲得しています。

その名の通り、従来の杜の白菊と違い火入れを行っていません。そのため瓶詰め後も酵母が活きており、瓶内発酵によるガス感をお楽しみいただけるのです。辛口な酒質×菊の司らしい酸味×瓶内発酵によるガス感はまさに爽快。「ひとめぼれ」などの飯米で仕込んだ芳醇な甘みをしっかりとコントロールし、するすると杯が進んでしまうアブナイお酒です。

【噴出注意】栓を開ける時は本当に気を付けてください…

42def1411274945420d06410e94e9995

「にごり生原酒 菊の司」はしぼりたてのフレッシュなにごり酒をタイムリーにお楽しみいただくため、火入れをせずに出荷しています。繰り返しになりますが酵母が瓶内で発酵しているため、フタを開けた際に中身が噴き出す恐れがございます。開栓時はしっかりと冷やし、フタを上から手で押さえながらゆっくりと開け、中身が落ち着いてから滓をまぜてお召し上がりください。

写真付きでご紹介します。

DSC_0039

まずはよく冷やした状態で振らずにスタート。ガス抜きの前に振ってしまうと、注げる状態になるまで倍以上時間がかかるので注意が必要です。

DSC_0040

キャップが飛んでしまわないように、上からしっかりと手で押さえつけましょう。

DSC_0042

押さえつけたまま、キャップを剥がしていきます。指を切らないように気を付けてください。

DSC_0043

キャップを剥がしたら、王冠を押さえながら少しフタを開けガスを逃がしていきます。この時「ポンッ」「プシュッ」と音がして、中身が泡立ってきます。

DSC_0044

手元を拡大しました。しっかりと上から王冠を押さえています。

DSC_0045

中身が動きはじめました。

DSC_0046

DSC_0048

よく見ると、液面が上がってきているのが分かるかと思います。上がってきたら王冠を閉め、落ち着いたら緩めてを繰り返していきます。

DSC_0050

液面が上がらなくなったらフタを開けてお召し上がりください。中身はガス抜きの過程で十分混ざりますが、底に沈殿している場合はフタをしっかりと閉め、ゆっくりと混ぜてください。

 

お買い求めはお近くのお酒売場へ!

「にごり生原酒 菊の司」はすでに出荷を開始しております。ぜひお近くの酒販店でお買い求めください。

遠方のお客さまは下記リンクから購入が可能です。

kikunotsukasa_nigori1800 kikunotsukasa_nigori720

 

kikunotsukasa_nigori shohin_nigori temp_nigori

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

弾けるにごり。酵母が活きているからうまい!にごり生原酒菊の司
平井佑樹 HIRAI YUKI

岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。
地元盛岡で生まれ育ち、明治大学を卒業後ブーメランで蔵入り。
日本酒「菊の司」「七福神」の他にオリジナル「平井六右衛門」を醸してます。
1991年10月12日生まれ。たまの休日はデジイチさんぽ。
■Twitter
■Facebook
■Instagram

← 一覧へもどる