これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い
これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い

2016.08.30

これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

まいど!ゆーきです。

四季の国、ニッポン。どの季節もそれぞれいいもんですが、秋は楽しみが多いですよね。

読書の秋。食欲の秋。紅葉の秋。スポーツ(ダイエット)の秋。そして日本酒の秋。

ひやおろし片手にサンマをつつく秋の夜長…よだれが止まりません。

ということで今回は、秋の日本酒特集いきましょう。

 

秋は日本酒の大晦日

これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い

日本酒って、なぜか冬に造ります。

今、ぼくのアタマは焼いたキノコと秋上がりのお燗酒でいっぱいなので、その辺の説明は今度やります。とにかく、日本酒は冬に造るのです。

冬に仕込んだお酒が、春に寝て夏を越える。こうして熟成されたお酒が秋のお酒なんです。よく聞くひやおろしっていうのは、春に火入れした原酒をタンクでひと夏ねかせて、外が涼しくなったころに冷えたまま詰めて出すから「冷や卸し」といいます。

まあ、お酒って搾った瞬間から変化していくものなので、ひやおろしだろうが何だろうと秋になればいい具合に熟成します。だから秋のお酒は旨い(コクがある)のです。

 

何に合わせる?秋の旬の食材と酒

これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い

いんげん、えのき 、エリンギ、おくら、かぶ、かぼちゃ、カリフラワー、ぎんなん、くわい、ごぼう、さといも、しいたけ、しめじ、とうがん、なす、まいたけ、マッシュルーム、まつたけ、みょうが、かぼす、すだち、なし、いなだ、いわし、かつお、かんぱち、きんき、こはだ、さけ、さんま、ししゃも、しらす、たちうお、ふぐ…

むり!

秋はほんとに旬が豊富です。もう、全部旬なんじゃないかっていうくらい、たくさんあります。

やっぱりサンマは外せませんよね。塩焼きもいいけど、たたいてなめろうも旨そう。

キノコ類はほとんど養殖らしいけど、秋っぽいから楽しみたいですよね。ちょっとおしゃれにアヒージョかなあ。

梨とかぼすもいいね。オンザロックにひと搾りもいいし、梨とシナモンで日本酒サングリア風も楽しめそう。

基本的に、料理と酒の相性は味の特徴が似ているかどうかで決まります。

たとえば、酸味と酸味、苦みと苦み、旨みと旨みです。味の濃淡も同様ですね。

熟成した日本酒の香味はある方向に収束していきますので、秋酒に関してはあまり大きな当たりはずれはないように思います。むしろ、クセの少ない1本を用意して、いろんな食材やお料理を合わせてみるのが面白いですよ。

 

これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い

これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い

もちろん、菊の司からも秋酒が登場します。それが、「純米原酒菊の司茜(あかね)」です。

夏酒なのに夏前に完売した「純米生酒菊の司ひまわり」と同じく、季楽(きらく)シリーズの秋バージョンです。

ちなみに季楽とは、精米歩合65%の純米酒を季節に応じて別々の味わいを楽しめる菊の司の季節商品シリーズです。冬はしぼりたての生原酒、春はうすにごり酒、夏は生酒、秋は秋上がり原酒で瓶詰めしてます。

茜ちゃんは春先に火入れした原酒を瓶につめてから(ここがポイント)ひと夏熟成させています。

従来のひやおろしはタンク貯蔵のため、熟成と同時に酸化も進みやすく、味が重たくなりがちでした。それを瓶内貯蔵に切り替えることで、程よい熟成感がありながら後味が軽く、素材の個性を活かしたお料理との相性がよくなりました。そしてこれ1本あれば、秋の旬はおおよそカバーできちゃいます。なぜなら、「ひとめぼれ」などの飯米をあえて使用しているからです。ご飯代わりにいけちゃう、酒米にはない純朴な米の旨み。

ご注文はお近くの酒販店さん、もしくは直営ネットショップでお待ちしております。

■【秋季限定】純米原酒菊の司茜(あかね)1800ml@2,700円(税込)

>>>http://www.47club.jp/kikunotsukasa/goods/detail/10017765/

■【秋季限定】純米原酒菊の司茜(あかね)720ml@1,350円(税込)

>>>http://www.47club.jp/kikunotsukasa/goods/detail/10017789/

自信ありますよ。ぜひ!

 

いかがでしたか??

秋の日本酒は今だけ。ぜひ存分に楽しんでくださいね。

では。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

これが純米の秋味だ!純米原酒菊の司茜(あかね)が旨い
平井佑樹 HIRAI YUKI

岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。
地元盛岡で生まれ育ち、明治大学を卒業後ブーメランで蔵入り。
日本酒「菊の司」「七福神」の他にオリジナル「平井六右衛門」を醸してます。
1991年10月12日生まれ。たまの休日は少年野球とデジイチさんぽ。
■Twitter
■Facebook

← 一覧へもどる