ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック
ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック

2016.08.31

ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

まいど!ゆーきです。

日本酒って、ややこしいよなぁ。

そんな風に思うのは、たぶん、日本酒の専門用語が多いからです。

『純米吟醸無濾過生原酒 菊の司 結の香仕込中汲みしずく酒』

なんて商品がもしあったら、めちゃくちゃ興奮するマニアがいる一方で、意味が分からなくてパンクするライトユーザーも大量発生します。そんなお酒に限って、偉そうに棚に置いてあるから気になるけど手が出せない。しかも大抵ちょっと高い。日本酒のハードルを上げまくってます。これは差別化するために酒造用語を表に出しすぎた酒蔵と取扱店の、身から出た錆だとぼくは思っています。

単純にお酒の本質を読み取るには情報過多な日本酒の世界ですので、雑音は思い切って無視するのが一番です。

というわけで、今回は特に日本酒ビギナーがお酒を理解して選ぶための3点チェックのご提案です。

 

check1.精米歩合をチェック!

ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック

まずはじめにチェックしたいのが精米歩合(せいまいぶあい)。

これもちょっとややこしいのですが、精米歩合とはお米を精米した後、実際に使用している割合のこと。たとえば精米歩合40%とは、玄米から60%磨き落とした白米、という意味ですね。基本的に精米歩合が低ければ低いほど雑味の少ないキレイなお酒になります。なぜなら、お米の外側にあるたんぱく質や脂質を削り落としてしまうからです。逆に精米歩合が高ければ味のしっかりしたお酒が多いということです。

一応、吟醸や大吟醸などの区分も精米歩合によって法定されていますが、今どき、その辺はかなり曖昧です。精米歩合60%以下であれば吟醸を謳っていいことになっていますが、55%の純米もありますしおおよそ吟醸といえば50%以下というのが今の日本酒市場のスタンダードです。

ですから、すっきりしたお酒が好きなら精米歩合55%以下、どっしりなら60%以上というのがひとつの目安になります。

ちなみに、この3点チェックでは米の品種は無視しちゃいます。

よくありがちなのが、たまたま飲んだ好みのお酒が山田錦でそのまま信者になっちゃうパターン。これは雄町でも亀の尾でもそうなのですが、酒米だけでも100種類以上あるのに、たまたま出会ったお気に入りだけしか見えなくなっている人は非常にもったいないことをしています。たしかに、米によっておおまかな傾向や方向性はありますが、とりあえず色んなお酒を飲んでみて、自分の感性で好みの酒質を見つけていきましょう。

 

check2.火入れと加水をチェック!

ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック

火入れと加水は日本酒の味わいにものすごーく影響します。

火入れとは日本酒を65℃で加熱すること。殺菌や品質の安定化などさまざまな目的で施します。実は江戸時代から伝わる伝統的な製法なんです。この火入れをしていないものが生酒(なまさけ)です。酒が活きているので品質の変化が早い。だから要冷蔵なわけです。

魚でいうと、干物と刺身かな??火入れ酒は味が落ち着いてゆったり飲める感じ、生酒はぴちぴちフレッシュな飲み心地ですね。一般的に、「生」と書いていないものは火入れ酒です。「生詰」「生貯蔵」は実は火入れ酒なのですが、管理も酒質もどちらかというと生酒に近いので詳しい説明は今度します。

それから加水はアルコール度数に影響します。ざっくりいうと飲みごたえです。加水を施さないものには「原酒(げんしゅ)」と書いてあります。今の日本酒業界のスタンダードは加水して15度くらい、原酒で17~18度くらいです。最近は低アル原酒といって5~10度前後のものも発売されていますよね。

まとめると、「生原酒」なら火入れも加水もなし、「生酒」なら火入れなし加水あり、「原酒」なら火入れあり加水なし、です。

 

check3.原材料名をチェック!

ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック

正直、ここまでのチェックでおおまかな酒質はイメージできるようになりますが、原材料名も見ておきましょう。

日本酒の原材料となるのは米と米麹が基本です。これらだけで造られた酒が純米酒(じゅんまいしゅ)です。これに醸造アルコールという、いってみれば焼酎を入れ香味を仕上げたのが純米じゃないやつですね。普通酒や本醸造酒、吟醸酒、大吟醸酒などがこれで、「アル添酒」なんて呼ばれたりもします。

とりあえず、「コクの純米キレのアル添」で覚えておけばOKです。

もちろん、後味のスッキリした純米酒や旨みがのったアル添酒もありますが、大はずれということはありません。ちなみに「純米至上主義」でアル添酒を異常なまでに毛嫌いする方がいらっしゃいますが、「米信者」と同じくらい損していると思います。

また、酸味料や糖類などが原材料名に表示されているものは要注意です。これらは調味料なので表面上の味は整っていても、実はバランスがガタガタだったりクセが誤魔化されていたりということも少なくありません。中には日用酒として愛されている商品もありますが、特にビギナーの方は安いからといって手を出さない方が無難でしょう。

 

いかがでしたか??

最初はこんなもんでいいと思います。

実際に飲んでみて「答え合わせ」を繰り返していけば、段々自分の好みがわかってくるはずです。

結局、初心者の方ほどちゃんとしたスタッフがいる店に行った方が失敗がないですよ。地酒専門店とか、デパートとか。

ぜひお気に入りの日本酒探しを楽しんでみてくださいね。

では。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

ラベルの雑音を無視する??日本酒の選びの3点チェック
平井佑樹 HIRAI YUKI

岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。
地元盛岡で生まれ育ち、明治大学を卒業後ブーメランで蔵入り。
日本酒「菊の司」「七福神」の他にオリジナル「平井六右衛門」を醸してます。
1991年10月12日生まれ。たまの休日は少年野球とデジイチさんぽ。
■Twitter
■Facebook

← 一覧へもどる