フレッシュな旨みにひとめぼれ?!夏の純米生酒「ひまわり」
フレッシュな旨みにひとめぼれ?!夏の純米生酒「ひまわり」

2018.05.25

フレッシュな旨みにひとめぼれ?!夏の純米生酒「ひまわり」

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

夏だからこそ、日本酒。

日本酒と冷蔵庫だけでOK!夏におすすめな飲み方3選

日本酒の旬といえば?

これは、ほとんどの人が「冬」と答えるでしょう。日本全国およそ1000ある酒蔵の大多数が冬の寒い時期に「寒仕込み」で酒を醸し、11月から2月頃にかけてしぼりたての新酒がたくさん発売されます。しぼりたてのお酒はガスを含み、甘さだけではなく特有の渋味や苦味など、パンチのあるフレッシュな味わいが多くの日本酒ファンを唸らせているのです。

また、寒い時期といえば温めたお酒、お燗酒がおいしいのもひとつ。日本酒の主な旨み成分は、温かい温度帯で味覚しやすいものが多く、「年中お燗」のお燗マニアもいるほど奥が深くおもしろいものです。

そんな日本酒の冬が終わり、春を経て、いよいよ夏がやってきます。ご存知でしょうか。今、日本酒の夏が非常にアツイのです。

夏酒とは、冬の「しぼりたて」や秋の「ひやおろし」のように、できあがったお酒を楽しむ伝統的な季節酒とは一線を画し、“夏にこそ飲んでほしいお酒”を夏向けに醸造し商品化した比較的新しいカテゴリの季節酒です。夏酒の動きは首都圏の地酒専門店を中心に十数年前から取り組まれ、ここ2~3年にかけて非常に大きな拡がりを見せています。日本酒の季節商品は一部で過剰ともいわれるほど充実しており、特に夏酒はひやおろしを追い越し、しぼりたてに迫る勢いで成長しています。

夏といえば、各地でビアガーデンが開催されるなど、ビールやハイボールなどの炭酸系アルコールが人気の時期です。しかし、酒販店の冷蔵庫には多くの夏酒がずらりと並んでいます。涼しげなブルーを基調とした、各蔵が趣向を凝らした煌びやかなラベルは、明らかに冬の時期のそれとは雰囲気が違う。うだるような暑い日、お酒のために冷房の効いた酒屋に入り夏酒の並ぶショーケースを眺めていると、ビールを流し込む涼しさとは違った、何か日本的な、落ち着いていてしっとりとしたオトナの涼しさを感じます。

夏酒ってラベルが違うだけ?

c0283938_11414764

夏酒の市場は、もはや飽和状態に近いほど非常に多くの商品が所狭しと各蔵から発売されています。

そんな中、違いが分からないお客さまからは「夏酒っていうけれど、ラベルが夏っぽいだけでしょう」という声も。

先ほど申し上げた通り夏酒が他の季節酒と圧倒的に違うのは、それぞれの酒蔵が考える「夏の日本酒スタイル」を表現したお酒であるということです。つまり、夏酒とは何か、というコンセプト的な定義は全くありません。スッキリした淡麗な夏酒、逆に甘味があってやわらかい夏酒、さらさらとしたおりがらみ、どぶろくのような濃いにごり酒。夏酒の世界は実にバリエーションが豊かなのです。

ナチュラルな米の味わいとお酒の変化を楽しんでほしい

ひまわり2018

さて、わたしたちの夏のお酒をご紹介しましょう。

「純米生酒 菊の司 ひまわり」は、酒米ではなくあえて「ひとめぼれ」などの飯米を使用し、お米だけで醸し上げた純米づくりのお酒です。派手過ぎず、口に含んだ際にほのかに香る穏やかな香り、そしてお米の旨みをしっかりと引き出し、やわらかい味わいとすっきりとした後味を表現しています。個性を主張しすぎず、お米のおいしさを中心にバランスよく仕上げることで、夏でも飲み疲れせず飲み飽きしない、肩の力を抜いて楽しめるお酒を目指しています。

そして、このお酒は菊の司酒造の季節商品シリーズ「季楽(きらく)」のひとつ。

季楽は同じお米、同じ精米歩合、同じ酵母で醸した純米酒を4つのタイプに分けて瓶詰めした季節商品シリーズです。冬はしぼりたての新酒「美雪(みゆき)」、春はにごり酒「桜」、夏の生酒「ひまわり」に秋上がり原酒の「茜(あかね)」。それぞれの瓶詰め方法で季節感、同じレシピから醸されるお酒を使うことで一年を通したお酒の変化をお楽しみいただけます。

飯米仕込みのお酒は非常に懐が深く、合わせる肴を選ばないのも良いところです。

豚肉の冷しゃぶ、鰹の藁焼き、ゴーヤチャンプルー、麻婆茄子、紫蘇やオクラなど夏野菜の天ぷらなど夏の旬と一緒にお召し上がりください。

5aaa7bf460868a2798ec41e06afba12d_ta75f66f288f7e2c898d3b024d930a680_t

「純米生酒 菊の司 ひまわり」の商品概要

kikunotsukasa_himawari

「純米生酒 菊の司 ひまわり」の飲み頃温度

「純米生酒 菊の司 ひまわり」の酒蔵直送通販

kikunotsukasa_himawari1800 kikunotsukasa_himawari720

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

フレッシュな旨みにひとめぼれ?!夏の純米生酒「ひまわり」
【INFO】菊の司酒造|kikunotsukasa

お得なお知らせをお届けします。
■facebook
■Instagram
■Twitter

← 一覧へもどる