2017年リニューアル!菊の司酒造さらなる進化を求めて
2017年リニューアル!菊の司酒造さらなる進化を求めて

2017.01.8

2017年リニューアル!菊の司酒造さらなる進化を求めて

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

【菊の司酒造】商品詳細ページまとめ

菊の司酒造は2017年2~4月にかけて、主力商品のリニューアルを進めてまいります。

これは、昨今の「日本酒ブーム」とも呼ばれる新しい動きを当蔵として解釈し、240年続く伝統を守りつつ時代に合わせていくためのステップアップです。

よりたくさんの方が日本酒と触れ合いやすくなるよう、「わかりやすく、おいしく」お酒を食卓にお届けできるラインナップになっています。

■ラインナップ一覧

【菊の司】

  • ・純米大吟醸 菊の司 結の香仕込
  • ・純米酒 菊の司 吟ぎんが仕込
  • ・純米生原酒 菊の司 亀の尾仕込
  • ・生酛純米酒 菊の司 亀の尾仕込
  • ・いわての酒 菊の司
  • ・和の酒 菊の司

 

【季節純米酒 季楽(きらく)】

  • ・純米新酒 菊の司 美雪(みゆき)
  • ・にごり純米酒 菊の司 桜(さくら)
  • ・純米生酒 菊の司 ひまわり
  • ・純米原酒 菊の司 茜(あかね)

 

【七福神】

  • ・大吟醸てづくり七福神 門外不出
  • ・大吟醸てづくり七福神
  • ・純米酒 七福神
  • ・辛口純米酒 七福神

 

【本格焼酎 だだすこだん】

  • ・米焼酎 だだすこだん
  • ・粕取り焼酎 だだすこだん

 

純米大吟醸 菊の司 結の香仕込

kikunotsukasa_yuinoka

岩手県の宿願であった最高品質吟醸酒米が、十数年の試行錯誤の末に誕生しました。「結の香」は華想い、山田錦を親に持ち、またそれを上回るスペックを持っています。たんぱく質含有量が非常に少なく、捌けの良いエリート米で醸した純米大吟醸は、凛とした上立ち香と共にするりと滑り込んでくる清冽な飲み心地。極上のひとときをお楽しみください。詳細を読む→

純米酒 菊の司 吟ぎんが仕込

kikunotsukasa_ginginga

「吟ぎんが」は母に出羽燦々、父に秋田酒49号を持ち、平成10年度から県内はもとより全国各地で愛用される岩手県の酒造好適米です。それを岩手の種麹、酵母で丹念に醸しました。すっきりとした甘みとバナナのような含み香が絶妙に広がります。冷蔵庫でしっとりと冷やして、つぼみ型のグラスで涼しげな香味をお楽しみください。詳細を読む→

純米生原酒 菊の司 亀の尾仕込

kikunotsukasa_kamenoo

「亀の尾」はササニシキや五百万石などの祖先にあたる山形生まれの水稲米。〝幻の酒米〟とも呼ばれ、豊かな食味が特長の復刻米です。本品に使われる亀の尾は宮城県石巻市で契約栽培されており、芳醇な米の旨みに酸のアクセントが効いた大胆な酒質をそのままお楽しみいただけます。しっかりと冷やして、濃いめの肴とお召し上がりください。詳細を読む→

生酛純米酒 菊の司 亀の尾仕込

kikunotsukasa_kimoto

幻の酒米「亀の尾」を生もとで醸したふくよかな純米酒です。酒母工程において乳酸菌をはじめ自然菌を複雑に介在させ、管理する伝統製法であり、出来上がった酒は、生もと香と呼ばれる特徴的な芳香を漂わせています。濃厚な旨みは亀の尾の酸が引き締め、ぬる燗で最も丸く膨らみます。湯煎にて燗付けし、広口の盃にてごゆっくりとお召し上がりください。詳細を読む→

 いわての酒 菊の司

kikunotsukasa_iwate

飯米「ひとめぼれ」などの米らしい旨味を存分に引き出した本醸造酒です。四段仕込みのコクがたっぷりな味わいは、冷やしてお燗でおいしい万能選手です。詳細を読む→

和の酒 菊の司

kikunotsukasa_wanosake

菊の司の最もスタンダードな飯米仕込みの究極の食中酒です。お米が持つおいしさを楽しめるよう、麹を純米酒と同量仕込み、完全発酵によってキレを出しました。詳細を読む→

純米新酒 菊の司 美雪(みゆき)

kikunotsukasa_miyuki

北国の広大な大地で育まれた飯米がもつ旨みを存分に引き出した、芳醇な純米酒。いわての厳冬、搾り出た酒をそのまま無濾過生原酒にて瓶詰めしました。クリアなまっすぐな甘さに、涼やかな酸味と渋味がアクセントの味わいをお楽しみください。同じ米、同じ精米歩合、同じ麹、同じ酵母からうまれた純米酒4姉妹をそれぞれ異なる酒質で瓶に詰めました。季節感と熟成感を両方楽しめる、菊の司の季節のお酒です。詳細を読む→

にごり純米酒 菊の司 桜(さくら)

kikunotsukasa_sakura

北国の広大な大地で育まれた飯米がもつ旨みを存分に引き出した、芳醇な純米酒。喜びの春、舞い上がる桜吹雪のように、さらさらと流れるうすにごり酒です。新酒の面影を残しながら、カドが取れた丸い味わいはぬる燗でなおよし。同じ米、同じ精米歩合、同じ麹、同じ酵母からうまれた純米酒4姉妹をそれぞれ異なる酒質で瓶に詰めました。季節感と熟成感を両方楽しめる、菊の司の季節のお酒です。詳細を読む→

 

純米生酒 菊の司 ひまわり

kikunotsukasa_himawari

北国の広大な大地で育まれた飯米がもつ旨みを存分に引き出した、芳醇な純米酒。青空に輝くひまわりのように、酸味と甘みのコントラストがまぶしい、夏の生酒です。深みを増した味わいはしっかり冷やして、オンザロックで崩れません。同じ米、同じ精米歩合、同じ麹、同じ酵母からうまれた純米酒4姉妹をそれぞれ異なる酒質で瓶に詰めました。季節感と熟成感を両方楽しめる、菊の司の季節のお酒です。詳細を読む→

純米原酒 菊の司 茜(あかね)

kikunotsukasa_akane

北国の広大な大地で育まれた飯米がもつ旨みを存分に引き出した、芳醇な純米酒。冬に搾った原酒に火入れを施し瓶に詰め、ひと夏越えた秋上がりです。実りの秋を引き立てる熟成の旨さは、クセがなく軽やかな味わい。同じ米、同じ精米歩合、同じ麹、同じ酵母からうまれた純米酒4姉妹をそれぞれ異なる酒質で瓶に詰めました。季節感と熟成感を両方楽しめる、菊の司の季節のお酒です。詳細を読む→

大吟醸てづくり七福神 門外不出

kikunotsukasa_mongai

北国岩手の2月。この厳しい寒さの中、南部杜氏が文字通り付きっきりで醸し上げた一本の大吟醸を無圧しぼりにて原酒採りした至極の一本です。酒米の王「山田錦」を40%まで磨き上げ、芳しい香りと酒らしい旨みのある、國酒に相応しい一献をお楽しみください。詳細を読む→

大吟醸てづくり七福神

kikunotsukasa_tedukurishichi

発売から50年を迎えるロングセラーです。美山錦で香り高く醸した大吟醸酒をおよそ1年半瓶内冷温熟成させ、香味を円熟させました。お料理を引き立てる穏やかな吟醸香と、水のようにしなやかな飲み心地をお楽しみください。 詳細を読む→

純米酒 七福神

kikunotsukasa_junmaishichi

七福神の定番純米酒です。「ひとめぼれ」などの飯米を使用し、ふっくらとしたマイルドな味わい。素材を活かした旬の料理とご一緒にお召し上がりください。詳細を読む→

辛口純米酒 七福神

kikunotsukasa_junmaishichi_dry

「ひとめぼれ」などの飯米仕込みで芳醇なコクと後味のドライ感を楽しめる辛口タイプの純米酒です。冷やして、お燗でおいしい骨太な味わいは、濃いめのお料理とも相性ぴったり。詳細を読む→

米焼酎 だだすこだん

kikunotsukasa_dadasuko_km

大吟醸酒の精米時に発生する砕米で仕込み、減圧蒸留した本格焼酎です。余計な脂分が少ない状態で2~3年熟成した古酒をブレンドして出荷しています。銘柄「だだすこだん」は世界一の太鼓パレード、盛岡さんさ踊りのリズムにちなんで命名しました。詳細を読む→

粕取り焼酎 だだすこだん

 

kikunotsukasa_dadasuko_ks

香味豊かな搾りたての酒粕を再発酵させ、減圧蒸留した本格粕取り焼酎です。お米を感じさせる優しい風味が特徴。ストレート、オンザロックなどがおすすめです。銘柄「だだすこだん」は世界一の太鼓パレード、盛岡さんさ踊りのリズムにちなんで命名しました。詳細を読む→

 

廃盤商品のご案内

商品ラインナップのリニューアルに伴う、新旧商品の変更一覧はこちらの資料(PDF)をご参照ください。

廃盤商品につきまして、長年のご愛顧を誠にありがとうございました。

みなさまのお声を活かし、よりお客様によろこんでお召し上がりいただける商品づくりに努力してまいります。

今後とも、菊の司酒造をよろしくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

2017年リニューアル!菊の司酒造さらなる進化を求めて
【INFO】菊の司酒造|kikunotsukasa

お得なお知らせをお届けします。
■facebook
■Instagram
■Twitter

← 一覧へもどる