日本伝統のお仕事着!「帆前掛け」って何?
日本伝統のお仕事着!「帆前掛け」って何?

2020.10.4

日本伝統のお仕事着!「帆前掛け」って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

  

bnr_binotokkuri_momoko

桃子です!

もしかしたら一度はどこかで写真のコレを見たことがあるのではないでしょうか?

私は、居酒屋の店員さんが身に着けているイメージがあります。あと、サザエさんで三河屋のサブちゃんが着用しています。

片岡全身

写真の彼女は同期の片岡風香(ふうちゃん)。友情出演です!

紅白の腰ひも、裾にフサがついた藍色の前掛け。正式には帆前掛けと言い、日本らしい空間によく馴染みます。私たちは普通に身に着けていますが、この前掛けって結構決まった職業の人しか腰に巻いてないかも??

普段に何気なく目にしている、着用しているユニフォームには様々な歴史がある。掘り下げてみると面白い発見があるかもと思い、今回は私たちが身に付けている前掛けについてご紹介します。

それでは、「美の徳利」スタートです!

シンプルなのがカッコイイ帆前掛けの形状と機能

帆前掛けの特徴はシンプルに2つです。

前掛け加工後

①紅白の腰ひも

帆前掛けのデザインは紅白の腰ひもに紺の生地がスタンダードで、紅白と紺の色の理由は調べても明確な理由は分かりませんでしたが、「紅白」=おめでたいもの、商売繁盛という意味が込められているようです。

②フサ、フリンジ

下のふりふりがフサです。帆前掛けも綿織物の1つ。織物は本来神聖なもので、神様への献上品として作られた貴重な布でした。その高貴な織物には、極力手を加えていけないという意識が、製法にも受け継がれているそうで、縦糸を残して切り落としたままになっています。また、神社のしめ飾りがモチーフとも言われており、腰ひもと同じように、商売繁盛の意味が込められています。

帆前掛けの歴史

伝統的な帆前掛けですが、いつ生まれたのでしょうか。

前掛けの誕生については諸説あり、定かでない部分もありますが、室町時代まで遡ります。当時は現在のような帆布の前掛けではなく、労働着として小袖というものを袴なしで着るようになり、これに腰布を巻いていました。日本服飾史のHPでは鎌倉時代の衣裳として紹介されていますが、この姿がイメージに近いのでないかと思われます。

小袖の女

小袖、かけ湯巻をつけた女

日本服飾史HPより引用

そして、江戸時代には現在の前掛けに近いのもができたと言われていて、明治時代から屋号が染め抜かれ、ユニフォームや広告宣伝としても使われるようになりました。丈夫な帆布は船の帆になったり、テントやジーンズになったりと様々な場面で使用されており、帆前掛けになったのも、不要になった船の帆で前掛けを作ったからだと言われています。

帆前掛けの産地である愛知県豊橋では、戦後1950〜70年代かけて爆発的に広まり、多い時には1日に1万枚が出荷された時期もあったとのこと。日本の経済成長とともに、生産量も増加し、全国の酒蔵さんやお米屋さん、味噌屋さん、醤油屋さんなどあらゆる業種で次々と会社やお店の屋号、名前が入った前掛けが作られ、全国に広がりました。

次に前掛けの機能についてです。汚れ防止と思いきや、それだけではないのです。

まずは、腰痛の防止です。前掛けはベルトの少し下ぐらいの腰骨あたりで締めるので、骨盤が安定し、重たい物を持つときに腰への負担を軽減させてくれます。そのため、酒屋さんやお米、味噌屋さんなど、重い物を持つ職業の人が好んで使っていました。ここがウエストで結ぶエプロンとの違いにもなっています。

次に、肩や衣服を守る役割です。腰に巻くのに肩?と思いますが、昔はお酒を運ぶ時は木箱に入れていたので、服が破けないように肩にあてて運んでいました。ちなみに、現在では木箱に代わってプラスチック製の酒類運送箱(通称P箱)が広く利用されているので、実際に肩にあててお酒を運んでいる姿は見かけなくなりました。

昔の木箱

ちなみにこちらが昔使用されていた木箱です。木箱だけの重さで約3.5㎏なので、一升瓶をフルに入れたら、プラス1.8ℓ×10本の重さで約21㎏ぐらいでしょうか。

まず、肩に担ぐことがすごい。力持ち…。

P箱

こちらが現在使用されているP箱です。木箱よりは軽く、持ちやすく、丈夫です。蔵からお酒を配達するときなどはこのP箱や段ボールに入れます。

最後に、宣伝・広告の役割です。職業にもよると思いますが、現在ではこちらの意味合いで使われることが多いような気がします。名刺代わりというか、サラリーマンで言うところのスーツみたいな、どこの人か分かるためのものになっています。弊社の前掛けも銘柄と社名などが染め抜かれています。

こんなところでも帆前掛けが…??

前掛けには様々な役割がありましたが、ちょっと意外なところでも活躍するんです!

まずは、キャンプやバーベキューなどアウトドアに最適!防火仕様ではありませんが、生地が厚いので熱やケガから守ってくれます。また、裾の部分を持てば炭や細々とした道具も楽に運ぶことができます。

寒い時期には足元がスースーしないのでひざ掛けの代わりにもなります。

また帆前掛けを生地としてバッグや財布など実用的なアイテムに変身させるのも、どうやら流行っているようです。

インスタグラムでもタグがいっぱい!

インスタタグ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

お買い上げ頂いた方にプレゼント✨作ってみました🎵 . 前掛けをリメイク!! . 1升瓶も4合瓶もスッポリ✨✨しかも前掛けだから丈夫です( *´艸) . 何回洗ってもヤブレテナーーイ( ゚ 3゚) . . 遠田酒店に売ってますよー✨✨ . 10000円以上ご購入の方にはミニ前掛けバックプレゼント♥️ たくさん作れないのでお早めに~ . Instagramみました~とお伝えください✨✨ . . . #前掛け #リメイク #バック #丈夫 #日本酒 #handmade #ハンドメイド #プレゼント #酒店 #おしゃれ #日本酒好きな人と繋がりたい #青森 #十和田

遠田酒店【遠田圭佑】 青森県十和田市(@entasaketen.0721)がシェアした投稿 –

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

🍶完成🍶 地元酒蔵 出羽桜酒造さん の前掛けを使ってのボディバックの依頼を頂きようやく完成しました⤴⤴⤴ * なかなか自分のスイッチが入らず遠回りしてしまいましたが✂ハサミ✂を入れたらガガガーっと一気に仕上げられました🥰 * 裏地には浴衣地を使って仕上げるのがマイブーム😂😂前掛けとの相性がすごくいいんです✨✨ * 喜んでもらえるといいな( ˊᵕˋ )♡ * まだまだ作りたいものが沢山思い浮かんで…….さぁ、次は😎✨ * #前掛け#前掛けリメイク#前掛けバッグ#ボディバック#帆前掛け#ミシン大好き#ハンドメイド#一点物#出羽桜酒造#1日1つ何かやろう

*uuru*(@yurinko767)がシェアした投稿 –

私は知人が帆布のトートバッグを持っていたのを遠目に見て、なぜ前掛け持っているのか素で尋ねたことがあります。少し恥ずかしかった。

最後は、前掛けがそのままデザインになっているのを発見しました。缶酎ハイを飲む方やレモンサワー好きの方はご存知かもしれませんが、日本のコカ・コーラ社から販売されている檸檬堂(れもんどう)。缶のデザインをよくご覧ください。

檸檬堂酎ハイ

こだわりのレモンサワー檸檬堂4種

日本コカ・コーラ 檸檬堂HPより引用

はっ!前掛けが描かれているではありませんか。

缶酎ハイといえば、キラキラで鮮やかな色使いのパッケージが多いですが、檸檬堂のデザインはとても和風で本格的な感じがにじみ出ています。

前掛けなのは、ブランドのキャラクターを考えたときに職人のような大将という人物像を設定し、その大将がお客さんを出迎えるときにしている藍染の前掛け、というイメージでデザインしたそうです。

日本人に昔から着用されている仕事着だからこそ、帆前掛けが醸し出す雰囲気や持つ魅力があるのですね。

手土産にいかがでしょうか!当蔵オリジナル前掛け

片岡友情出演

コラムの初めから登場していますが、弊社にもオリジナルの前掛けあります!(同期の片岡、2度目の出演!)

二大銘柄の「七福神」と「菊の司」が染め抜かれています。ポケット付きで深いので、立ち座りしても、中に入れている物が落ちる心配もありません。

他の酒蔵さんの前掛けよりすこし長めですが、意外と歩きやすい!使って洗っているうちに濃紺が褪せてヴィンテージ感が出ると、さらにかっこよくなります。

お酒好きな方へのプレゼントにもおすすめですよ!

 

まとめ

今回のコラムいかがでしたか?

普段私たちが身に付けているお仕事着、帆前掛けについて取り上げてみました。作業する時は会社の制服を着ているので、配達の時やイベントの時に着けていることが多いです。

やっぱり腰ひもを締めると気分がシャキッとします!

では、次回もお楽しみに!

参考

日本服飾史HP「小袖、かけ湯巻をつけた女
日本コカ・コーラ 檸檬堂HP 『開発者インタビュー 日本の酒文化に学んだ新製法「檸檬堂」のすべて
有限会社エニシングHP「前掛けの歴史

  

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS

おすすめ記事

questionnaire

日本伝統のお仕事着!「帆前掛け」って何?
桃子

商品部2019年入社の蔵人女子。奥深い日本酒の世界を日々勉強中です。連載「美の徳利」では、日本酒を「美」にまつわる視点から取り上げ、飲んでおいしいだけじゃない日本酒の魅力をお伝えしていきます。

← 一覧へもどる